受験勉強の意味を考える!受験勉強で得られるものとは

「なぜ受験勉強しなくちゃいけないの?意味があるの?」そう子どもから質問され、困った経験がある方は多いと思います。
そんな時にどう答えればよいのか、ヒントになるポイントは3つあります。

 

 

目標に向かって努力をする経験

ひとつ目は「目標に向かって努力をする経験」です。
子どもの頃に、自分で目標を立て、それに向けて全力で努力する経験を得られ

ることは、大人になっても非常に役立つと思います。
常に目標を意識して、それを達成するために今何をすべきなのかを考えることは子どもを成長させます。

 

自ら考える力が身につく

ふたつ目は「自ら考える力が身につく」ことです。
受験勉強に取り組むことによって、自分の頭で考える力が鍛えれます。

いろいろな知識を吸収した上で、目の前の問題を解くために、持っている知識の中からどれを使うのかを自分で選択できるようになります。

 

将来へのビジョンを描く力がつく

最後は「将来へのビジョンを描く力がつく」ということです。
勉強することで少しずつステップアップしていき、子どもの視野は広がっていきます。

また受験生活の中で、自分を見つめ直す機会はたくさんあります。
その中で、将来自分がどう生きていくのか、どのように社会貢献していくのかを問うようになっていきます。
そうして自分と向き合ううちに、将来にも自然と目を向けられるようになっていくのです。